<<Back Chubu District Park>>

一本木公園
 

2005年4月1日
別名を“バラ公園”といい、初夏から秋にかけて500種類1000株のバラが咲き乱れる。 公園の一角に「わんぱくトリデ」という木製の遊具があるが、かなり高さがありスリルがある。

2005年6月4日
“第12回なかのバラまつり”が行われていた。 バラの花は4分咲きで、色とりどりの花と香りを楽しむことができた。
「遊戯広場」には“ねこバス”も登場!

2005年7月30日
夏から秋にかけては、“四季咲き”の薔薇が咲き公園を華やかに飾る。 「バラの壁」には、“バラまつり”の時期ほどではないけれども、綺麗な薔薇が花を咲かせていた。

2006年8月12日
小雨の中、買い物帰りに立ち寄った…日本各地では落雷が多発し、火事や交通麻痺が! 「多目的広場」の周りは、薔薇の花壇が造られ、薔薇の季節には薔薇に囲まれる。

2014年5月11日 (solo)
バラの季節には早かったが、久し振りに訪れてみると、公園がリニューアルされていた。 藤棚は、まだ枝張りが少なかったが、綺麗な花を咲かせていた。
 

松原公園

2005年4月29日
土肥町の屋形海岸沿いにある公園。
直径が31mと世界最大で約1万本の花で飾られた花時計があり、外周には大小の石で造られ裸足で楽しむ健康歩道がある。

2011年8月27日 (Ry)
温泉町と言うだけあり、公園のすぐ横を流れる「山川」の川岸には、‘足湯’が造られていた。 「花時計」で足のマッサージをしたあとに、足を入れてみては如何か。

2013年3月16日 (FuMaSy)
山川沿の温泉噴湯脇にある‘足湯’として知られる「黄金の湯」には、‘手湯’というものが造られていた。 結構な熱い湯が注がれていて、チビ達は我慢比べをしていた。
   

北信濃ふるさとの森文化公園
 

2005年10月10日
中野市街地を望む長峯丘陵に、“北信濃の人と自然”をテーマに建設された公園。 「こどもの国」にある“大すべり台”は、丘の斜面を利用して造られていて眺めがよい。

2005年12月11日
「ふるさと広場」に建つ「創造館」は公園のメイン施設で、プラネタリウムが上映されている。 プラネタリウムでは、ビデオと星空が上手に組み合わされて上映され、興味が尽きない。

2008年3月16日
「創造館」には、直径13mのドームで収容人数100人のプラネタリウムがある。 貸し切り状態だったので、特等席に座り、一寸お喋りしながら星空を楽しんだ。

2016年8月14日
8年振りに公園を訪れた。 高低差26mの斜面を豪快に滑り降りる「サマーボブスレー」は、全長546mでかなり楽しめる。長男の赤髪がコースに栄(は)えていた。
   

山梨県森林公園金川の森

2008年6月1日
中央自動車道の一宮御坂IC近くの公園
「スポーツの森」「どんぐりの森」「さくらの森」「こもれびの森」「ふれあいの森」「かぶとむしの森」という6つの森がある。

2010年6月13日
サクランボ狩りの帰り道に立ち寄った。
この公園には、都市部では無くなりつつある回転系の遊具が健在で、子供達は思いっきり遊んでいた。

2012年6月24日 (Ma)
「スポーツの森」には、幾つかの面白い遊具がある。 電車のレールに囲まれた蟻地獄様の遊具は、グルグルと走り回るものだろうか。次男には、一寸小さい様だ。
   

裾野市運動公園

2004年5月1日
東名高速道路の裾野ICから車で10分位の所にあり、富士山を間近に愉しむことができる。 「芝生の丘」には丘の上から滑り降りる109mと33mのローラー滑り台がある。
 
さかな公園

2004年9月19日
忍野村にある森と水をテーマにした公園。「芝生公園」や「水族館」のほか「森の学習館」がある。 園内には“富士の湧水”が湧き出し、その水は綺麗な川や池へと流れている。

2011年6月19日
‘サクランボ狩り’の後で、7年ぶりに訪れた。 「ザイルクライミング」は人気の高い遊具。ネットの間をくぐり抜け、楽しそうに追い駆けっこをしていた…でかい兄ちゃんは一寸不利!
忍野村立柳原公園

2004年9月19日
山中湖ICから忍野八海へ向かう途中の公園。
公園の中を、自然のまんまという感じの小川が流れている。草に覆われた所などは、気が付かずに足を踏み込んでしまいそうだ。

2006年8月13日 (solo)
2つある築山からは公園内を一望できる。
親水場では、滝のように水が流れ出ていて水遊びが楽しめる。その水は、公園内を流れる小川の水源となっている。
豊田天竜川わんぱく広場

2005年7月24日
天竜川の河川敷にある公園。 整備されておらず、雑草が生え放題になっている。遊具は草に埋もれて所々に観ることができるが、意外と動きは良く色も綺麗である。
 
三分一湧水児童公園

2015年12月5日(solo)
JR小海線の‘甲斐小泉駅’の近くにある公園。
聳え立つ見晴台の様な大型遊具には、「三分一湧水」を模した三角形の石が置かれ、3つの滑り台に分岐している。

2017年9月3日(solo)
「三分一湧水」の向かい隣にある公園。
大型遊具にある2つの滑り台や吊り橋とそこへ登る階段の分岐点には、三角形の石が置かれている。
白山公園

2016年4月10日(solo)
明治6年の太政官布告により開設された日本で最初の公園の一つ。 日本都市公園100選にも選ばれている。
桜が満開で、遊歩道は桜トンネルとなり素敵だった。

2018年6月30日(solo)
車検の打ち合わせで長男の所を訪れた。公園では“蓮まつり”が 開催(6月30日〜8月19日)され、池には中尊寺より譲り受けた‘八百年の眠りから覚めた奇跡の蓮’が花をつけていた。